トップ > 採用情報 > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

 

技研では、それぞれが個性的で活き活きしています。それは、皆が個人の能力を信じて自己成長するために努力し、仕事上のスキルの向上や信頼関係の構築を行っているからです。
それぞれの部門で力をしっかり発揮し、活躍する先輩社員たちです。
あなたの仕事への具体的なイメージをつかむ参考にしてください。

 
 
 

当社は自動車部品、アルミ部材、産業機器などの生産ラインで使用する自動搬送設備の設計・製造を手掛けています。その中で、私は機械設計を担当し、主にアルミ部材の自動搬送設備の設計を行っています。一つの搬送設備は約50メートルもの大型設備で、5、6人のチームで設計していきます。
入社3年目、私は日系企業のベトナム工場に納入する搬送設備のチームリーダーに抜擢されました。初めての統率役では、主体的に動く意識が芽生えたり、的確な指示を出す難しさを痛感するほか、現地据付にも立ち会い、すべての経験がプラスになりました。その後、仕事に対する意識が大きく変わり、早い時期に貴重な経験に恵まれたことに感謝しています。

 
 

当社で設計した自動搬送設備は、必要な部品が揃うと、工場で組立、試運転を行います。自動搬送設備は、電気を流して初めて性能が確認でき、その際、組立現場を管理し、ニーズに合わせた動きに調整するのが設備生産の役割です。試運転をお客様にも確認していただき、その後、搬送設備を分解して現地に運搬。そこで再度組立、調整し、生産ラインを立ち上げるまでが私たちの仕事です。
私は自動車部品の搬送ラインを主に手掛け、近年では海外に生産拠点を置く自動車関連企業が増え、海外出張も経験。これまでベトナム、タイ、カナダと3カ国での据付を手掛け、経験の浅い私が、先輩のサポートを受けながら、ワールドワイドな体験ができるのは、当社ならではの魅力だと感じています。

 
 

私は主に「ガントリーローダー」という搬送システムの軸となる装置の組立、調整に関わっています。「ガントリーローダー」は、自動車のエンジン、ミッション部品などの生産ラインの自動化を図る装置で、複数の加工機を据付けて、搬送システムを構築していきます。そのため、組立や現地据付に向けて、設備を使用するお客様はもちろん、各加工機メーカーとの打ち合わせが不可欠です。多くの人との関わりの中で、現場を動かす責任者としての役割もあります。
高精度な生産ラインの構築には、ニーズに応える技術力が必要ですが、しっかりと意思疎通を図るコミュニケーション能力も求められる仕事です。

 
 

技研株式会社 総務部

〒923-1238
石川県能美市下清水町3番地2
地図